価値を考えて選ぶ

ビル

大切なのは目に見えない部分

価値観の多様化は、「住まい選び」にも現れるようになりました。以前は、住宅の購入といえば、新築物件が前提ではありましたが、最近では「マンション派」の人たちでも、新築マンションではなく中古マンションを購入する人も増えてきています。 中古マンションを買って、そのまま住む人もいる一方で、間取り等を大きく変更する「リノベーション」を行う人もいます。リノベーションは間取りを大きく変えることができるため、「自分好み」の物件を作り上げることができます。 中古マンションをリノベーションする場合には、特に水廻り等、目に見えない部分ほど注意を払うようにしましょう。せっかく間取りを自分好みに変更しても、漏水等が頻繁に発生するようでは元も子もありません。

リノベーション業者に依頼する際に注意すること

また、中古マンションのリノベーション業者の選定にも注意が必要です。リノベーションという手法が一般的なものになるにつれて、リノベーション業者の数も大変増えてきました。残念ながら、すべての業者が信頼できるわけではありません。 業者選定にあたって、「安さを売りにする業者」には注意が必要です。本来、リノベーション物件はお客様と何度も打ち合わせを行ってオリジナルの物件を作りこんでいくために、何度も何度も打ち合わせを重ねていくのです。当然手間と費用が相応に発生しますから、安さを基準に業者を選定してしまうと打ち合わせ等のもっとも基本となる部分を軽視されてしまう可能性がありますので、十分注意するようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加